初回練習を終えて・・・
去る3月6日に第1回の練習を終えました。
団長の山口からのご挨拶を掲載いたします。

初回にご参加の皆様、大変お疲れさまでした。
斯くも多くの皆様にご参加いただき、心から嬉しく思っている次第でございます。  
お蔭様で順風満帆の船出が出来ました。感謝以外のなにものもございません。誠に有難うございます。

青木先生の練習に初めてご参加の方におかれましては、いきなり【ハレルヤ】から入り合唱曲全曲を歌うこととなりビックリされたのではないでしょうか。これが青木先生流ですので、ご心配されませんようにお願いいたします。初めての方にご感想をお聞きしましたところ、「いい曲ばかりで楽しいです。」とのお話を伺うことが出来、一安心でした。これから丁寧な練習がありますので。

さて、青木先生は張り切っておられます。「青木の新しいメサイアを作り上げていきたい。」との強い御意思を感じました。

1 言葉の重み。特に二重母音の発音を強調されておられました。

2 曲それぞれのテンポ。特に、37番のLet us はとても速くなるのではないかと思います。

3 ピアノ、フォルテへのこだわりを持っておられました。

4 コーダの収め方にもこだわっておられました。

5 それに、練習も一期一会であるので、38回の練習を一回一回大切にしてもらいたいとの強いお気持ちをお持ちでした。

メサイアは,多くの方が歌ったこともあり、ご存じの方も多いと存じますが「共通の場所で、共通の時間を、共有することが大切」と、力説されておられました。団員の皆様におかれましても、周囲の方々で、6月からで十分とか、本番前で十分とか、お考えの方がおられるようであれば、是非とも、青木先生のお気持ちを喧伝していただきたいものと思います。

兎に角、歌声を通じての社会貢献の気持ちを忘れることなく、明るく、楽しく、そして和やか、練習に参加していただき、12月13日金曜日の本番では、青木先生をはじめとする先生方のご指導の成果を十二分に発揮し、美しいハーモニーを届けようではありませんか。

皆様、何卒よろしくお願いいたします。

頑張りましょう!!

MFC 代表 山口 省吾

初回練習の模様


トップページへ戻る

©Messiah Festival Choir 2019